相愛大学 学長挨拶

相愛大学学長

生涯の友を得よう


豊かな教養を身につけ、人間性を練磨することが大学教育の目的のひとつです。後者の点については、本学にはきわめてユニークで尊い人材育成の目標があります。それは、本学の建学の精神として、宗祖親鸞聖人のみ教えを基調とした宗教的情操教育を教育の中心にすえていることです。

世界と社会はますますグローバル化が進むとともに、価値観が多様化し、競争が激化していくことでしょう。そうしたなかにあって、お互いに敬いあい慈しみあうことの尊さを知り、それを実践することは、皆さんがいずれはばたく社会を生き抜くうえで大きな力となります。相愛大学の名の由来である「當相敬愛」はまさに本学の教育のめざすところであります。 若い皆さんは無限の可能性を秘めていますが、その可能性を引き出すには努力と情熱、そして自己への信頼が必要です。本学はそのための教育環境を整え、皆さんの情熱を燃やすために労を惜しむことなく、一人ひとりの個性に応じた教育を心がけています。

真の意味で自己を信頼できるためには、まず他者を信頼するこころがなければなりません。大学生活において、勉学と並んで重要なことは「出遇い」です。青年期において良き友人を得ることはとても大切なことです。友人との関係を通じて、自分の個性のあり方を自覚するとともに、自分とは異なる生き方を理解し、価値判断を学ぶことができます。初心を貫くうえで励みとなり、自己の向上にプラスとなるような友人を得て、お互いに競い合い磨き合って、生涯の友となる良き友と親しんでくださることを願っています。