沿革

50年のあゆみ

相愛学園の音楽専門教育の歴史は、明治39年『相愛女子音楽学校』の開設に始まります。

昭和12年には『女子専門学校音楽科』が山田耕筰先生を中心に設立され、 ドイツからも先生を招聘して、当時関西における特異な存在として注目を集めました。しかし戦争で空襲にあい、本町校舎はすべて焼失してしまいます。

終戦後、教育制度の改革に伴い女専は昭和28年『相愛女子短期大学音楽科』として発足、あわせて『相愛高等学校音楽科』も開設され、短大に接続して教育機構の強化がはかられました。また昭和30年には短大音楽科長に山田耕筰先生を迎えています。

相愛が復 興、拡充に必死になっている頃、東京では井口基成、伊藤武雄、齋藤秀雄、吉田秀和の各先生方による『桐朋学園子供のための音楽教室』が着々と成果をあげて いました。これには山田耕筰先生も注目され上記の四人の先生方のほかに、井口愛子、池内友次郎、柴田睦陸、鷲見三郎、團伊玖磨、山田真梨子先生など日本を 代表する教授陣を迎えて教育内容も充実したものとなりました。

そしてぜひ大阪にも音楽の早期教育の教室を、と昭和30年10月いよいよ『相愛学園子供の音楽教室』が誕生します。短大が大学に移行する2年半前のことです。

『相愛学園子供の音楽教室』は井口基成、伊藤武雄、齋藤秀雄、吉田秀和の諸先生を中心に、
広く関西一円の優れた音楽家たちの協力を得て、総勢70~80名の教師陣でスタートしました。

生徒たちは遠くは神戸以西、奈良、和歌山方面からも集まり、オーケストラやコーラスの授業は開設後2~3年しないと無理と考えられていたのが、わずか半年で開始することが出来ました。(これが現在の相愛オーケストラの母体となります。)

昭和32年3月には中3修了者8名のソロとオーケストラによる第1回の演奏会をガスビルで開催、また翌33年3月には同じく第2回演奏会が完成したばかりの相愛講堂で盛大に行なわれました。

関連リンク
相愛学園
相愛大学
相愛高等学校・中学校
相愛オーケストラ
沙羅の木会
(相愛大学 音楽学部同窓会)